縁起の良い寿陵について
KEIHINSEKIZAI



墓石
生前に自分のお墓を建てることは古来から「寿陵」(じゅりょう)といい、長生きができ縁起のよいことと伝えられています。お墓で墓石の文字に朱をいれたお墓を見ることがありますが、それが寿陵です。寿陵を建てるということは、その人が前世から受け継いだ縁(えにし)を大切にして祖先を敬う心の表れです。


こうした祖先を思い尊ぶ心が家族の幸福と長寿を招くといわれております。近頃では、墓地を求めた方々の統計をみましても、「寿陵」がなんと約70%以上を占めております。墓石、お墓のことも京浜石材工業に、どうぞ安心してご用命ください。
family



このウィンドウを閉じる